大阪駅から見た夜景
結婚指輪の役立ちコンテンツ

結婚指輪を大阪で手作りすると本当に安いのか?

結婚指輪の手作りが大変人気になっていますが、他の購入方法に比べて本当に安く購入できるのでしょうか?そんな疑問にお答えして手作りについて調べてみました。

結婚指輪の手作りが安い理由

他の購入方法に比べて手作りの結婚指輪は安価に購入が可能になっています。調べるといろいろな要素から値段が安くなっているようです。

自分で作るから安い

最近はDIYによっていろいろな物を買わずに自分で作ってしまう人が増えているようです。テレビやマスコミなどで家を自分で建ててしまった人の事を聞いたことはないでしょうか?普通に考えると家を購入するには何千万円という金額になります。ところが自分で作ってしまうと費用は何百万円という金額で立派な家が建つようです。何階建てもの立派な家を建てるには重機なども必要になってくるので難しいですが、平屋の家くらいであれば建ててしまえるようです。配管や電気配線などはちゃんとした業者に頼む必要があるようですが、建てるための知識はネットを駆使すればいろいろ出てくるので参考に出来ます。

このことと同様に自分で結婚指輪も作ってしまえばかなり安く購入できるようです。結婚指輪をはじめジュエリーの作り方は非常に簡単でワックスというロウのような素材を指輪の形に削り出せば完成します。家を自分で作るのと同じで難しい部分は自分たちで出来ないので原型はプロに仕上げてもらいます。特別な知識などなくても手作りの専門ショップでは作り方を教えてもらえるので安心です。

値段の算出方法は使用する金属の重さ

手作り結婚指輪の価格の算出方法はどのお店もそれほど変わらず、使ったプラチナやゴールドの重さによって値段が算出されるようです。指輪のサイズは自分にあったサイズ出ないと指に着けることが出来ないのでどうしようもありませんが、厚みや指輪幅を調節してなるべく重くならないデザインにすることが重要です。重さを軽くすることが出来れば値段も安くなります。

価格競争のため

結婚指輪の手作りが安くなっている理由の一つにはお店どおしの競争があります。飲食、衣料、サービス業と全ての業種によって同様のお店が増えると競争になってきます。競争を勝ち抜いていく方法の一つに値段を下げて他のお店との差別化を図るというのがあります。

現在全国的に結婚指輪を手作り出来るお店が増えており価格競争になっています。特に大阪は地域柄、都会でありながら商人の町として販売競争が日常化しています。同じような東京に比べて地代家賃が安いのでお店にかかるコストが安くなり、値段も下げやすいということもあって、東京などに比べると結婚指輪以外のジュエリー製品も安価に購入できるようです。

値段が安いのにメリットが多い手作り結婚指輪

このようにいろいろな理由から手作りの結婚指輪が安い事がわかりましたが、安いから品質が良くないのでは?という疑問が浮かんできます。ですが、反比例するように手作りだと安くて良いものが出来るのです。その理由は「自由にデザインが出来る」、「オリジナルになる」、「他人と被らない」、「思い入れが入った結婚指輪になる」、「自分で作ったので大事にする」ということです。

既製品のほうが大量生産だから安いのでは?という疑問について考えてみましょう。大量生産であってもお店に並んでいる結婚指輪の販売ルートは以下の様になります。

製造工場→ブランドメーカー→小売店→消費者

といった流れで消費者の手に入ります。ところが手作り結婚指輪の場合は、

お店兼製造工房→消費者

という流れで、指輪などジュエリーを作っている工房が直営で行っていることが多く、工房直営で購入することが出来るので安く手に入るようです。