結婚指輪の役立ちコンテンツ

1万円・5万円・10万円予算別に安い結婚指輪は買えるのか

結婚指輪は高額な指輪というイメージがあると思います。2本同時に揃えなければいけないのでその分高くなるのは仕方ありませんが、「予算がない」「高いからちょっと・・」と思っている人は多いかもしれません。

予算が無くて余り高い指輪を買えない人に1万円ならどのような結婚指輪になるか?5万円なら?と考えている人はいると思います。

予算別にどのような結婚指輪が購入可能なのかを調べてみました。

一般的な結婚指輪の相場は1本10万円くらい

まず、一般的に結婚指輪はいくらぐらいするのでしょうか?その相場は1本10万円というのが一番多いようです。

プラチナやゴールドの貴金属の相場は高値が続いており一般の国内ブランドの結婚指輪の販売価格は1本10万円前後が多いようです。ですので、販売されているどのお店を見ても店頭に並んでいる結婚指輪は1本10万円というのが多く、購入する消費者側も一番多い価格帯の10万円前後の結婚指輪を買った人が多いという事になります。

海外の有名ブランドのティファニーやカルティエでもシンプルで細身の物であれば10万円代の結婚指輪があるのでこの相場が多くなるのは妥当でしょう。

ですが、金属素材や購入方法によって安い結婚指輪を購入する事も出来るようです。値段別にどのような結婚指輪が可能なのか具体的には次のようになっています。

1本1万円代の結婚指輪は?

1万円という低予算では貴金属相場から見てプラチナやゴールドの指輪を購入するのは無理のようです。結婚指輪として販売されている物ではなくファッションリングであっても1万円代という指輪は存在しません。

シルバーリング

この予算で購入可能な貴金属の素材はシルバー(銀)になると思います。シルバーだから結婚指輪にならないと言うことはなく、ふたりでシルバーリングを結婚指輪として身に付けようというふうに決めれば何の問題もありません。

シルバーも列記とした貴金属で、古代より銀製品の指輪やネックレスを身に付けていたので恥ずかしいことはないのです。

結婚する前の恋人通しがペアリングとして身に付ける事があるシルバーリングですが、そのまま結婚指輪として身に付けるカップルもいるようです。

ステンレスリング

シルバー以外の金属素材ではステンレスリングがあげられます。ステンレスは貴金属というほど金属自体の価値はありませんが、アレルギーフリーである点や腐食しにくいので耐久性に優れています。

シルバーブランドで展開しているショップではステンレス製のペアリングなどを販売しているお店もあるのでステンレスも選択肢のひとつに入ります。

有名なブランドでは「THE KISS」などがあります。素材は安いですがネームバリューもあり作りもしっかりとしたものなので結婚指輪として購入するのも良いと思います。

真鍮素材のメッキリングは避けましょう

1本1000円前後の指輪やネックレス、カチューシャ、ピアスなどを扱っているアクセサリーショップでは素材が貴金属ではなく真鍮などにメッキした商品になります。こういった物はメッキが剥げて中身の真鍮が錆びて金属アレルギーをおこしたりするのでずっと身に付けておく結婚指輪としての購入には適していません。

たまに洋服に合わせたいときに身に付けるだけのファッションリングとして身に付けるようにしましょう!

1本5万円ならプラチナも可能?

国内で販売されている結婚指輪のほとんどがブランド名のつけられたプライベートブランドになります。海外の有名ブランドほど知名度はありませんがアイプリモや俄などは自社製品にブランド名をつけて差別化されたプライベートブランドになります。このようにネーミングされて販売されている結婚指輪の場合は安くても一般相場の1本10万円くらいになります。

ですがネームバリューをつけずに自社製品を製造販売している結婚指輪もあり、その場合は大量生産になりますが、プラチナ製で1本5万円くらいの指輪も販売されています。品質的にはプラチナを使用しているので高級ブランドと比べても全く同じです。ただネームバリューの無いだけの結婚指輪なので安心して購入出来ます。

ただし店頭販売の場合はその店舗の家賃や従業員の給料などを利益として出さないといけないためお店で販売するには経費のかからないネット販売などが中心になってきます。またやはり指輪の重さを押さえた厚みの薄いペラペラの指輪だったり、写真で大きく見えますが実際は幅1mm程度の針金のような指輪だったりします。試着も出来ないので届いてみてガッカリ。我慢してつけていても細いのですぐに歪んでしまって最終的には指につけられなくなるかもしれません。

やはりいくら品質が同じプラチナでもネット販売は避けた方が良いでしょう!

手作りなら5万円からプラチナ結婚指輪が手に入る

そこで5年くらい前からブームになっている手作り結婚指輪という購入方法が登場しました。

自分たちで好きなように手作りできて、プラチナやゴールドを使った品質も海外有名ブランドと同じなので人気になっています。手作りで作った場合はその製造工程の一部であるワックス原型作りを自分たちで行ってしまうので既製品よりも安く出来ます。

最近では安さをうたっているわりに実際には高かった。というお店も出てきているのでお店選びに注意が必要です!

良いお店が見つかれば本当に安く1本5万円くらいから自分たちのオリジナル結婚指輪が手に入ります!

安く結婚指輪を購入する方法は大阪での結婚指輪を手作りが絶対おすすめです!

1本10万円からの結婚指輪

1本10万円の結婚指輪は一般的にお店に並んでいる指輪の平均価格であり、購入する平均購入価格でもあります。

なのでおおよその結婚指輪を購入する事が出来ます。海外有名ブランドであれば細身のシンプルなデザイン。国内のプライベートブランドであれば平均的なデザインを購入出来ます。レディスにダイヤモンドが少しだけ埋めこまれた物から少し幅の広いデザインまで購入するデザインやブランドにあまり制限無く購入する事が出来ます。

予算別結婚指輪の購入金額まとめ

  • 予算が1本10万円でも構わないと言う人は国内・海外とわずプラチナやゴールドの結婚指輪を購入出来ます。
  • 予算が1本5万円ならば自分で作る、手作り結婚指輪をおすすめします。
  • 予算が1本1万円ならシルバーやステンレスのペアリングを結婚指輪として身に着けるのがよいでしょう

このように購入する金額によってどのような結婚指輪が購入できるかわかりましたので是非参考にしてください!